2012年11月26日

赤面症に効果のあるツボについて!



人前に出なくてはいけない時、「手に人という文字を書いて、3回飲むと緊張しなくなるよ」なんて人からすすめられて、実際にやってみた経験が誰にでもあるのではないでしょうか。

大抵は半信半疑、効かないのがわかっていながらも、おまじない(女の子は特に好きですよね。一度くらいはやってみたことがあるかもしれません)程度の気持ちでやりますよね。

ただ、この方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)、ツボ療法的には、あながち間違っていないのです。

手のひらを一度、グーにしてみてください。

この時、ちょうど中指が当たる部分が、手のひらの中心部分なのではないでしょうか。

この部分には、「労宮」と呼ばれるツボが存在しています。

労宮というツボは、精神を安定させたり、リラックスさせる効果があると言われているのです。

ちょっと難しく説明すると、このツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)は直接心臓に繋がっていて、ちょっとこのツボを触るだけで、過敏に反応してしまっている交感神経を鎮めてくれる効果があるそうなんです。

ここに人という文字を書くことで、ツボを刺激して心身がリラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)していたのです。

昔の人の知恵って、本当にすごいですね。

赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)の方でなくても、プレゼン前などで如何しても緊張してしまうような時には、このツボを軽く5秒間ギューッと押してあげるといいでしょう。

もう1つ、私達の体内には、赤面症に効果的なツボがあると言われています。

それは、背中のちょうど中間辺りにある「神道」と呼ばれるツボです。

この部分は、自分では手の届かない部分なので、なかなかツボに直接刺激を与えるのは難しいと思います。

仰向けに寝転がった状態で、ツボ辺りにゴルフボールなどを置いて刺激してあげるといいでしょう。

誰かに押してもらうのもいいかもしれませんね。






赤面症の治し方・赤面症を克服させる方法について!
posted by 赤面症 at 16:42| 赤面症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。